| MAIN | << 「十年の土産」アーカイブ | 「夢みる機械」社会科見学 >>|


 

スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています



 

本作の製作続行が決定いたしました。



皆様 こんにちは

本作『夢みる機械』の製作続行が正式に決定いたしましたので、
御報告いたします。

各社にお知らせした内容は、以下の通りです。



==========================================================================================

 

 

今 敏(こん さとし)監督

長編アニメ映画 「夢みる機械」製作続行について

 

株式会社マッドハウス(東京・中野区 代表取締役社長 落合正美)は

長編アニメ映画『夢みる機械』の製作続行について以下のようにお知らせ致します。

 

今年8月24日に膵臓癌(膵癌)により 46歳の若さで他界した

アニメ監督 今 敏(こん さとし)。

その今監督が生前、次回作として制作に取り掛かっていたのが長編アニメ「夢みる機械」。

既にホームページ等で監督自ら設定やキャラクターを発表しており、

日本のみならず世界中のファンがこの作品の完成を待望しておりましたが、

今年8月24日、今監督は46歳で人生に幕を閉じました。

その後、制作続行不可能とも思われた時期もありましたが、

たくさんの方から本作品の制作に関してのお問い合わせや暖かい応援の声を頂き、

この度、改めて制作体制を整え、再び本作品の完成に向けて走り出すことになりました。

待ち望んで頂いている世界中のファンの方々のため、

そしてこの作品の完成を誰よりも熱望していた今監督のために、監督の意思を継ぎ、

監督代行の下、制作を再開することをご報告申し上げます。

 

原作・脚本・監督:今

監督代行・作画監督:板津 匡覧(いたづ よしみ)

       共同作画監督:井上 俊之(いのうえ としゆき)

音楽:平沢

プロデューサー:丸山 正雄(マッドハウス)

制作:マッドハウス

公開:未定

 

『夢みる機械』

生きるものがいなくなった遥かな未来、

電気ロボットのリリコと彼女が作り出したロボット ロビンを主役にした 子供から大人まで 

多くの“人間”の心に響く感動のSFエンタテインメント。

 本作では「生きることによって目的が生まれる」という至ってシンプルかつ

 人間なら誰もが持っている可能性をめぐる深いメッセージが核となる。

(詳細は公式サイトご参照http://yume-robo.com/

 

<プロフィール>

敏:

1984年武蔵野美術大学在籍中、「ヤングマガジン」(講談社)にて漫画家デビュー。

漫画制作の一方で『老人Z』に美術設定としてアニメーション作品に初参加。

1998年初の監督作となる長編『パーフェクトブルー』が劇場公開。

2002年に『千年女優』、2003年には『東京ゴッドファーザーズ』を発表。

いずれの作品も世界各国の映画祭に招待され、国内外で高い評価を受けた。

2004年には初のTVシリーズ『妄想代理人』発表し、

2006年公開の映画『パプリカ』(筒井康隆原作)は

ベネチア映画祭のコンペティション部門に正式出品された。

 

板津匡覧:

2004年『妄想代理人』で今監督作品に原画、作画監督として参入後、

2005年『パプリカ』でもメイン原画マンとして参加。

2007年には磯光雄監督のTVシリーズ『電脳コイル』にて総作画監督を担当。

今回初のキャラクターデザインを務める。業界期待の新鋭。

 

井上俊之:

専門学校からスタジオジュニオを経て、現在はフリー。

日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。

『AKIRA』、『魔女の宅急便』、『MEMORIES』、『GHOST IN THE SHELL』、

『人狼』、『イノセンス』など、日本のアニメーションのエポックとなる作品に多数携わる。

今監督の信頼も厚く、『千年女優』で作画監督を務めて以降

、『東京ゴッドファーザーズ』、『妄想代理人』、『パプリカ』と、

なくてはらならない存在として参加している。

===========================================================================================



今まで、応援してくださっていた皆様、

本当にどうもありがとうございました。

皆様、一人ひとりの温かいお気持ちや、お言葉に支えられ、本日を迎えられたことに

私たちスタッフ一同、とても感謝しております。

本当にどうも、ありがとうございました。


これから、皆さまに『夢みる機械』をご覧いただけるよう、

益々頑張って参りますので、

今後とも、宜しくお願い申し上げます。






 

スポンサーサイト